FC2ブログ

ゆりりんこ。の徒然日記

日々の出来事、感じた事、食べたものなどを気ままに私的にマイペースに赤裸々に好き勝手に綴っていきます。 ちなみに日記の日にちはめちゃくちゃですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

2007年12月21日(金)→アヴェンヌ

ようやく写真アップします。
昨年12月、北新地のSALON D'AVENE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)でのライヴ(関連記事)。

わたし達の演奏の最中(1stステージと2rdステージのみ。なので残念ながら3rdステージの、サンタクロースの格好で演奏した写真はありません・・・。)撮影して下さったのは、今回譜めくりとスペシャル・ゲストをお願いした、みちこさんことバストロンボーン奏者荒垣美智子さん。有難うございました436

ゲネが終わって温かいお茶を飲んで一息。→☆ 002
実はわたし、この1週間前に髪を30cm以上バッサリ切ったのですが、誰からも反応が無いので、この時「誰も気付いてくれないんです~!!」と、「AVENE(アヴェンヌ)」のMIKAサンを初め、スタッフの方々にブーたれていたのでしたw。
ひぃちゃんは気付いてくれていたみたいでホッ。 ←?!

☆ 009
この日、クリスマスシーズンとゆうことで、クリスマスの恰好をして「AVENE(アヴェンヌ)」にお越し下さったお客様には会計が1000円引きになったのでした。
勿論スタッフの方々もクリスマスの格好をされていますw。
MIKAサン?!(左端の美女です。ちなみに真ん中の方はMIKAサンのお母様。)
松ぼっくりの可愛い髪飾りを付けておられましたよ♥

本番前のひぃちゃんとみちこさん。→☆ 010
・・・みちこさん、何故に避ける?!
ぺっぴんサンなのに写ってよ~!(。┰ω┰。)

☆ 007あずみトナカイかわいい!!
ブログには書いたもののあまり宣伝していなかったので、誰も来て下さらなかったらどうしようか、と内心思っていましたが、19時過ぎた頃からちらほらいらして下さって・・・、2ndステージ、3rdステージになると結構沢山の方にお越し頂けました。
本当に有難うございました♥
とっても嬉しかったです♪


開演前、あちらの世界(?!)で美味しそうに飲まれていてかなり気になった! (゚ ̄^ ゚̄)
Lugana Tenuta Majolo(2006)ルガーナ テヌタ・マイオロ(2006))」
☆ 004☆ 005
「わたし飲まれへんやーん!! プ━(-ε´-。)━ゥ 」と、またもやブーたれていましたw。
いつか飲んでみたい、と、とりあえず写真だけ撮っておきました。
写真では分かりづらいですが、ラムネのような色の瓶で、とっても素敵でした。


☆ 014☆ 015
☆ 016☆ 019
ボレロかな?!☆ 021

みちこさんは本当に沢山撮って下さいました。
まるで、子煩悩なお父さんの日曜参観日の様子のよう?!アハッ(〃゚艸゚〃)
この他にもまだまだ30枚位あって、どれをアップしようか迷ったのなんの。
何だかわたしのアップなぞも何枚かあったのですが、・・・割愛させて頂きます。


☆ 029☆ 030
感謝感激!!!
青井彰センセイにもお越し頂けたのです♥
アオイトナカイ、めっちゃlovely♥

☆ 034
ステージとステージの合間、青井センセイに「センセーイ!何か弾いて下さ~い!(*′v`从)」っておねだりしたら弾いて下さいました♥
センセイのピアノの音色、音楽、めっちゃ好きです♥
でもマネ出来ない・・・。 (ノд-。)クスン…

☆ 032
ある人は言っていました。
「青井先生のピアノを聴いてると、リパッティが長生きしてたらこんな風に弾いたのかなぁって思うんだよなぁ。」と・・・。
ディヌ・リパッティ(Dinu Lipatti)、1917年に生まれ1950年に没したルーマニアのピアニスト、作曲家。
彼は33歳の若さでこの世を去った。
わたしは彼のピアノも好きです♥

☆ 035
リパッティと青井センセイ、確かにあの洗練された透き通った音色は共通項があるかもしれない。
でもやっぱり違うんだよなぁ・・・。
何て言うか、独特の青井節がある。
ちょっとドイツ臭さってゆうか泥臭さってゆうか・・・がある。
青井センセイがリパッティ関連の本を読んでいらっしゃるのを目撃したことも何度かあるが、やっぱり青井センセイは青井センセイだよ。

☆ 031

ウナミゴ先生こと増井一友先生、奈良の某所のセンセイ(関連記事)やじゃず♪ちゃん、ヴァイオリニスト岩渕晴子ちゃん、某マイミクさん方々などのこちらの知り合いを初め、初めてお目にかかった方も沢山(お声掛けして下さってメール交換もするように♪)。
本当に沢山の方にお越し頂けて幸せでした。
本当に有難うございました♥
これからも楽しいライブをお聴かせ(お見せ?!)出来るかと思いますので、また皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。



 SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)
大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビル地下1階
TEL:06-6344-0939
FAX:06-6344-0938
http://www.avene.tv/


SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)1回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)2回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)3回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)4回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)5回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)6回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)7回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)8回目の記事


SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)9回目の記事






【 続きを読む 】
スポンサーサイト



  1. 2008/01/31
  2. 音楽関連ノコト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

アヴェンヌに岩渕晴子ちゃんと出演します~♪

例によって未来日記になっちゃいますが(スミマセン汗;)、
今月の30日(水)、北新地のSALON D'AVENE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)
ヴァイオリニスト岩渕晴子ちゃんとライヴを致します。
今月は二度SALON D'AVENE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)に出演させて頂くことになります♪

ライヴ時間は
1st 20:00~
2nd 21:00~
3rd 22:00~
各30分のライヴです。

1stステージ、2ndステージ、3rdステージ、
全て違うプログラムをご用意しております。

演奏曲目は
バルトークの「ルーマニアン舞曲」や
ヴィェニャフスキの「華麗なるポロネーズ」、「スケルツォ・タランテラ」などなど。
岩渕さんの豊かな感性に魅了されちゃって下さい!

もしかするとスペシャルゲストが登場して下さるかも?!(-д☆)キラーン

沢山の方に来て頂けたら嬉しいです。
お待ちしております♪



 SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)
大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビル地下1階
TEL:06-6344-0939
FAX:06-6344-0938
http://www.avene.tv/


SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)1回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)2回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)3回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)4回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)5回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)6回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)7回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)8回目の記事





  1. 2008/01/31
  2. オ知ラセ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

今年は雪が少なかったのね・・・。

雪が少なかった・・・(ノд-。)クスン…


兼六園♥

兼六園の中

このお二人(左端と中央の方々)、巨人社長ともりさきさん
実はそんなに離れていないのです。 クスクス(´艸`o)゚.+:
遠近法のせいだけではありませんw。



  1. 2008/01/30
  2. 街デ見カケタモノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

怪我の功名とはこの事を言うのでは?!

☆ 044
コチラの後、ワインは買ったものの(それも結構値が張るやつ!)、そんなわけでディナーはどうしよう?!とゆうことになり、とりあえず地下鉄谷町線の四天王寺夕陽丘駅に戻ったのですが、あらら天王寺、八尾南方面のホーム。
東梅田、大日方面に戻るには、道路(谷町筋)を渡ってから階段を降りないといけないのでした。
またもや同伴者はむっとしていましたが、わたしはおずおずと一枚のショップカードを渡しました。
WINE STORE Wassy's」でワインを買う際にカウンターの所に置いてあった「洋風割烹 ヴァン・ルージュ」のショップカード。

同伴者「何よこれ。遠いんじゃないの?!何処よ?!」
わたし「分からんけど多分遠くないハズ。上六って書いてあるし谷九からスグちゃうかなぁ?!」
同伴者「またアレちゃうの!」
わたし「とりあえず行ってみようよ~!」

☆ 016
てなわけで上本町の「洋風割烹 ヴァン・ルージュ」へ。
電車で行くつもりでしたが(切符も買っていました・・・)、タクシーで。
タクシーでも散々迷ってしまいましたが、お店に電話して無事到着♪

☆ 004
全部800円以内。
やっ・・・安くないですか?!

☆ 017


☆ 008


Philippe Bouchard Bourgogne Pinot Noir(フィリップ・ブシャール ブルーゴーニュ ピノ・ノワール)
☆ 007
ヴァン・ルージュ」の奥様が「第21回 阪神ワイン祭」で購入されたものらしい。
わたしも行きましたよ~!(関連記事
偶然友人知人と会いましたが・・・w。
一応裏ラベルも。→☆ 006
ふ~ん。
わたし、ピノ・ノワール好きだけれど、別に。
不味くはない(念の為)。
ふ~んって感じ。

☆ 013
自家製の燻製だって!→☆ 014


☆ 015☆ 030


☆ 018


こちらが「WINE STORE Wassy's」でgetしたワイン。→☆ 019
Charmes-Chambertin Grand Cru Domaine Joseph Roty(2003)(シャルム・シャンベルタン グランクリュ ドメーヌ・ジョセフ・ロティ(2003))」
☆ 010

ヴァン・ルージュ」の南夫妻。→☆ 020
他のお客様も帰られ(どうやら新聞関係の方だったよう)、お店貸切状態になって「Charmes-Chambertin(シャルム・シャンベルタン)」をご夫婦と飲んでいます。
幸せ~♪
これ、観賞用のナス。→☆ 023


☆ 025


最初頂いた「ラタティユ」、美味しかったのでまたもや♪→☆ 034


Chateau Haut-Brion(1999)シャトー・オー・ブリオン(1999))」
☆ 026
こちらは「ヴァン・ルージュ」の南さんのお宝。
おーぶりおん!!!
ちなみにわたしはこの2年後の飲んだことがあります。


☆ 029☆ 027
右の写真、紅塩・・・?!
トマトにつけて頂きます。
このお塩ですよ~って南さん♪→☆ 028


Grappa di Barolo(グラッパ・ディ・バローロ)」→☆ 021☆ 022
調子こいて、くぃ~っと1杯一気飲みしてしまいまして・・・。→☆ 035
同伴者に「あっ!コラッ!」って怒られ・・・。
その後、こちらの「爽醒茶(そうせいちゃ)☆ 031とやらを
がぶがぶ飲んでおきましたが・・・。
念の為(?)こちらの☆ 039もがぶ飲みしておきましたが・・・。


☆ 033☆ 037


「阿波地鶏のコンフィ」
☆ 038
コンフィを食べてみたかった。
栗は丹波栗でした♥


☆ 040


☆ 042


「自家製メロンシャーベット」→☆ 041
リキュール(?)が効いていて美味しかった~!

デザートも食べて満足、満足。
同伴者のご機嫌も直って良かった~!!

それからもう東大阪の自宅に直帰したので、行きしなに買った四天王寺夕陽丘駅から230円の切符はパァになってしまったけれど、まぁいっか♪
またお邪魔します♪
しかし面白いですねぇ。
この日「WASSY'S DINING Souple」にすんなり行けていたら、そして地下鉄谷町線の四天王寺夕陽丘駅の乗り場のホームを間違えていなかったら、恐らく「洋風割烹 ヴァン・ルージュ」とは巡り会えなかったでしょう。
まさに“一期一会”ですね。



 洋風割烹 ヴァン・ルージュ
大阪市天王寺区上本町6-7-12 ハイネス上六103号
TEL:06-6771-2800
11:30~14:30 / 17:30~21:30(L.O.)
不定休(※祝日を含む月4日)
 「洋風割烹 ヴァン・ルージュ」のホムペじゃないですが、「ヴァン・ルージュ」を紹介しているページ↓
http://www.gul.co.jp/gourmet/mise/v/van/index.html



  1. 2008/01/29
  2. 食イシン坊ノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

年末年始も夕陽丘のパンで♪

☆ 001
夕陽丘の「パン工房 麦の花」で「バゲット」と「あんぱん」、「さつまフランス」を買う(年末)。
年始は「あんぱん」も「さつまフランス」も売り切れていた為、母からパン粉も頼まれていたがそれも売り切れていた為、「バゲット」のみ。
小麦粉など原材料の価格高騰云々のことが書かれていますねぇ・・・。(;-ω-) =3 ハァ~


同じく夕陽丘の「Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)」。
☆ 002☆ 003

☆ 004
夕方だったので、さすがに商品少ない・・・。
予約してあった「ごまハードトースト」と「ハードトースト」、☆
それぞれブロック(2斤分)で(年末)。
年始は、予約してあった「ハードトースト」のブロック(2斤分)を2本。


年始の「麦の花」と「Parigotパリゴ)」のレシート。→☆ 005

年始のパンの一部。→☆ 006
(「Parigotパリゴ)」の「ハードトースト」、あと1本が袋の中・・・。)



 Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)
大阪市天王寺区上本町9-3-4
06-6774-5087
7:30~20:00
月曜定休

Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)1回目の記事

Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)2回目の記事


★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★

 パン工房 麦の花 <夕陽丘店> 
大阪市天王寺区夕陽丘3-30  朝日プラザ夕陽丘1階
06-6779-4043
7:30~23:00
年中無休
http://www.mugi-hana.jp/


麦の花1回目の記事

麦の花2回目の記事

麦の花3回目の記事

麦の花4回目の記事



  1. 2008/01/28
  2. パンムギムギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

とあるホームパーティーでモンラッシュを飲む巻

奈良の某所へ向かいます。
今回で3回目になります♪

今回諸事情でボスが遅れて到着とのこと(当初は行けなくなったともおっしゃっておられたから)。
ウナミゴ先生ことギターの増井先生、フルートの野津先生、毎度お馴染み(?!)のピアノの青井センセイ、B夫妻、そしてわたし、合計6人。
よってタクシー1台では無理。
行きの電車の中で2台に分かれようとゆう話になって、ウナミゴ先生に「学研奈良登美ヶ丘駅から●●センセイ宅(=某所)までナビ出来る??」って訊かれましたが、何だか自信無い・・・。ヽ(;´Д`)ノ
電車の中でもわたしと青井センセイの2人、そして増井先生、フルートの野津先生、B夫妻の4人で分かれていたのですが(わたしは“ボスの動向”を報告する為に一時移動していた)、青井センセイの方に事情を説明しに戻ると、青井センセイは「僕達(“達”って?!399)歩いて行きましょォ~!だって近いでしょ?!」なんておっしゃってビックリしました。
冗談かと思いきや、かなり本気だったご様子・・・。 ォoォo (´゚・_゚` ))) 三 ((( ´゚_・゚`) ォoォo
いつもタクシーで、タクシーでは5分程で到着するが、住宅街で坂もあるし結構距離あるのですよ・・・。
センセイ・・・。404
・・・と思っていたらボスから「今生駒着いた」なんてメールが着たので、4人には先に某所に向かって頂くとして、結局青井センセイとわたしが学研奈良登美ヶ丘駅でボスをお待ちすることになりました。

20071123192034.jpg→だんだん日が暮れて・・・→20071123193105.jpg
ベンチで座って待っていたのですが、景色が綺麗ですねぇとセンセイとお話していました。
近鉄けいはんな線、学研奈良登美ヶ丘駅20071123193126.jpgの1コマでしたw。

撮影に夢中になっている青井センセイを激写する予定が、
突然振り返られてしまった・・・。→20071123193141.jpg
「もう!何撮ってるのぉ~っ!」っておっしゃっています。
センセイ、先程わたしがパー子している最中「センセイも撮りませんか??」って勧誘すると「僕は撮らないよ~っ!!」っておっしゃってたくせに?! (。-∀-)ニヒッ


ココから某所でのパーティーの様子・・・♪

20071123193225.jpg

20071123193242.jpg


Tokaji Aszu(1990)トカイ・アス(1990))」
20071123193637.jpg
トカイワイン♥ +.(人´∇`*).+→20071123193701.jpg

このビールたちは青井センセイ用w。→20071123193719.jpg


Chassagne Montrachet Domaine Michel Niellon(2005)シャサーニュ・モンラシェ ドメーヌ・ミッシェル・ニエロン(2005))」
20071123193734.jpg20071123220849.jpg


Domaine des Perdorix Bourgogne Pinot Noir (2005)ドメーヌ・デ・ペルドリ  ブルゴーニュ ピノ・ノワール (2005))」
20071123193816.jpg


Chambolle-Musigny(2005)シャンボール・ミュジニー(2005))」→20071123193828.jpg


MOËT & CHANDON Brut Imperial(モエ・シャンドン ブリュット インペリアル)
                           と
Charmes-Chambertin Grand Cru(1988)シャルム・シャンベルタン グランクリュ(1988))」
20071123193839.jpg


成城石井でgetしてきたワイン。→20071123193851.jpg
Maranges Domaine des Rouges-Queues(2005)マランジュ ドメーヌ・デ・ルージュ・キュー(2005))」
ピノ・ノワールなのです♥→20071123193905.jpg


Sfursat di Valtellina(2003)スフルサート・ディ・ヴァルテッリーナ(2003))」
20071123220652.jpg20071123220722.jpg


20071123220741.jpg

20071123220820.jpg

きのこいっぱい!!大好きです!+.(人´∇`*).+→20071123220833.jpg

チーズに20071123220902.jpg絶品メープルシロップをかける図。↓
                       20071123220916.jpg20071123220931.jpg

おからのコロッケ。→20071123221025.jpg
着物のセンセイ(わたしが勝手にこう呼んでいるダケw)のお手製です。
ヘルシーで超美味しい!!


20071123220954.jpg20071123221014.jpg
青井センセイの演奏も聴けて幸せ♥


20071123221037.jpg20071123221052.jpg
右の写真、何かのコンポートだったと思うのですが、失念・・・。(・ω・;)


お・ま・け(?!)♪
電車の中で酔っ払いは撮影会なんてしますw。↓→20071123221126.jpg
左と右の写真の違いが楽しいw。→20071123221105.jpg 20071123221116.jpg
写真、もう撮り終わったと思って気を抜き(?)はった?! ヾ(o´∀`o)ノ
青井彰センセイ♪→20071123221137.jpg

(関係者の方々へ私信:写真、ご自由に持っていって下さい~♥)


あ~、とっても楽しかった♥



とあるホームパーティー1回目の記事


とあるホームパーティー2回目の記事

  1. 2008/01/27
  2. ワイン+オ酒ノミノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

アヴェンヌにひぃちゃんと出演します~♪ Ⅱ

例によって未来日記になっちゃいますが(スミマセン汗;)、
今月の25日(金)、北新地のSALON D'AVENE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)
ひぃちゃんことトロンボーン奏者河毛博子ちゃんとライヴを致します。
今度で二度目のライヴになります。
前回の写真たちもアップしなきゃ!355

ライヴ時間は
1st 20:00~
2nd 21:00~
3rd 22:00~
各30分のライヴです。

1stステージ、2ndステージ、3rdステージ、全て違うプログラムで
前回のライヴとはまた違うプログラムをご用意しております。
演奏曲目は
前回ブラゼヴィッチの「トロンボーン協奏曲 No.5」を演奏しましたが、
今回はブラゼヴィッチの「トロンボーン協奏曲 No.1」を演奏します。
その他
もう一発とある"トロンボーン協奏曲"を演奏します。

イメージとしては
1stステージは“ノリノリ?!”
2ndステージは“イギリスにようこそこそ”
3rdステージは“最後にどかん?!”
ってな感じかなぁ・・・。
意味不明でスミマセン・・・。

沢山の方に来て頂けたら嬉しいです。
お待ちしております♪



 SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)
大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビル地下1階
TEL:06-6344-0939
FAX:06-6344-0938
http://www.avene.tv/


SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)1回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)2回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)3回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)4回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)5回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)6回目の記事

SALON D'AVÉNE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)7回目の記事



  1. 2008/01/26
  2. オ知ラセ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

奈良漬を頂き、ネット検索したら同名の会社があった・・・

☆ 006
父宛に届いた☆ 005斑鳩(いかるが)名産「太田酒造株式会社」の「奈良漬」。
太田道明様ご本人様からですぅ~♥
こちらの「太田酒造株式会社とはまた違うものみたいです。

☆ 002☆ 004
初時雨」って言うのですね~!
“時雨”って秋から冬にかけて時々ぱらぱらと降る小雨のことですよね?!
とゆうことは、この「初時雨」って秋一番につくられた奈良漬のことなのかな?!

☆ 003

☆ 007☆ 008
結構濃い味。
ご飯を食べ過ぎちゃうのが難・・・。
(我が父はお酒が進んでいた・・・w。)



 太田酒造株式会社
奈良県生駒郡斑鳩町竜田3-3-5
TEL:0745-75-2015
FAX:0745-74-0961

  1. 2008/01/25
  2. カフェ+オヤツ+オ土産ナド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

靱公園に面した大阪一(?)人気のパン屋さん

よんサンの後輩の後輩Tサンから頂きました♥→☆ 001
靱(うつぼ)本町の「Boulangerie Takeuchi(ブランジュリ・タケウチ)」のパンたち♥ +.(人´∇`*).+

☆ 007

天然酵母ブルーベリーとクリームチーズ」→☆ 003
☆ 005☆ 009


天然酵母オリーブのパン」→☆ 002
オリーブがゴロゴロ入っていた。→☆ 008
パンもモチモチで美味しい!!


ムジカさんのアールグレーのクリームパン」→☆ 004
☆ 006
そういや堂島の「ムジカ (Tea House MUSICA)」、もう5年以上行っていない・・・。
また行きたくなってきました。

どれもこれも実に美味しかったです♪
後輩Tサン、本当に有難うございました♪

大変並んでスゴイことになっているらしいですが、いつか今度自分で行ってみたいな。
このエリア、結構よく通っているのですがねぇ・・・。



 Boulangerie Takeuchi(ブランジュリ・タケウチ)
大阪市西区靱本町1-16-14
06-6444-2118
8:00~18:30
日曜定休




  1. 2008/01/24
  2. パンムギムギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

今年初の㊙のお店へ♪

とよ
今年は子年。
猫の置物の横に置いてあるw。 ((´∀`*))ァハハ♪

お料理?!
何も言うまい・・・。 (´艸`o)゚.+:
またいずれ~♪



某“会員制”の小料理店 1回目の記事

某“会員制”の小料理店 2回目の記事

某“会員制”の小料理店 3回目の記事

某“会員制”の小料理店 4回目の記事

  1. 2008/01/23
  2. 食イシン坊ノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北海道のお土産~ロイズの生チョコ3種など

☆ 001
ROYCE' (ロイズ)」の「生チョコレート」3種に、うに(1瓶空けてしまいましたがw)やほやなど・・・。
ゆりねぜんざい」は以前書いたことがあるので割愛。


ROYCE' (ロイズ)」の「生チョコレート[ホワイト]
☆ 003☆ 002
☆ 004☆ 005


生チョコレート[山崎シェリーウッド]
☆ 006☆ 007
☆ 008☆ 009
本当にウイスキーの風味がしました。
とは言え、ウイスキーは殆ど飲まないのですが、わたしも美味しく頂けました♪


生チョコレート[シャンパン(ピエール・ミニヨン)]
☆ 010☆ 011☆ 012☆ 013
シャンパンだって!!
だからじゃないですが、これ、本当にタイプで一気食いしてしまった・・・w。



 株式会社ロイズコンフェクト
北海道札幌市中央区大通西5-11-1 電通恒産札幌ビル
http://www.e-royce.com/


北海道のお土産の記事①

北海道のお土産の記事②

北海道のお土産の記事③

北海道のお土産の記事④

北海道のお土産の記事⑤




  1. 2008/01/22
  2. カフェ+オヤツ+オ土産ナド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

リューリューじゃなかったのか・・・

☆ 001
コチラに行く前、岩渕さんと早めに西宮北口駅で待ち合わせをし、一緒にランチしようとゆう約束をしていました。
見ると彼女の左手の人差し指が包帯がっ!!Σ(゚Д゚;)
・・・楽器は?!・・・無い。(゚Д゚〓゚Д゚)キョロキョロ
「一体どうしたの~?!」と、思わず素っ頓狂な声を出してしまいました。
訊くとこの日の前日、お料理中に誤って包丁で人差し指の指の腹を切ってしまったそうで・・・。(っω;`。)
出血が止まらないし、病院に行ったら1週間程安静とのことで、今回は降板するとのこと。
何せ左手なので・・・。 (((゚Д゚;)
(後日談:彼女の指、無事に完治し、ジルヴェスターのお仕事にも復帰されていました♪)

まぁそんなわけでドキドキハラハラしながら「Ryu-Ryu Primo(リュリュ・プリモ)」へ(お蔭で時間ギリギリまで充分にお話出来ましたが・・・)。
こちらはRyu-Ryuグループの1号店とのこと。
わたし達が入ろうとすると、チェロを担いだ2人の女性が出て来ました。
今回の公演のエキストラの方らしいですが、1人の女性、超美人だったなぁ♪
 彼女によるとわたし達と同い年で、トロンボーンの団員サンの奥様らしいw。)


さてさて、話を元に戻します。
きのこだらけの何とやらスパゲッティが気になりましたが、お得なAランチで。

「サラダ」と「パン」
☆ 003
パン、皮がパリッ、中がモチモチ系で結構美味しかったです。
どこのだろう?!


「キノコと蒸し鶏のオイスターソース」
☆ 004
「オイスターソースってどんなのだろう?!中華風のスパデッティ?!」と興味津々だったのですが、岩渕さんと「まるで焼きそばみたいね・・・。」と笑いながら食べていました。

食後にコーヒー(紅茶やグレープフルーツジュースなど選べます)が出てきました。

メニューは全部で140種類あるそうで、全制覇するのは色んな意味で大変そう・・・。


Ryu-Ryu 」って何か覚えがあるなぁと思っていたら、ちょいと以前までRyu-Ryuグループの本部である芦屋の「SPACE R」で週1~2で勤務していました。
飲食業をしていたのではなく、地下のホール「Stage R」をお借りしてリトミックやピアノなどのレッスンをしたりしていたのでした。
駅から近めだし結構気に入っていましたが、電波が入んないのでちょっと難でしたが・・・。



 RYU-RYU Primo(リュリュ・プリモ)
兵庫県西宮市高松町11-3  新光マンション1F
0798-64-5611
11:00~23:00(L.O.22:00)
無休
http://www.ryu-ryu.com/




  1. 2008/01/21
  2. 食イシン坊ノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

えべっさんへ♪

毎年1月9日~11日に行われる十日戎。
"残り福"と呼ばれる1月11日(金)、西天満にある堀川戎神社へ。

☆ 001☆ 004

 商売繁昌の神「蛭子大神(えびすのおおかみ)」が祀られているのですね。

☆ 003

雨天だったのに結構スゴイ人だった・・・w。

☆ 005

☆ 006

☆ 007
今年の福娘さんですね。
真ん中のオジサンはどなただろう?! (。・_・?)ハテ?

わたしが買おうとした福笹は生憎売り切れで、只今作って下さっています。→☆ 008
どうでもいいけれど、おじさん(?)、えべっさんみたいw。
ほら、似てませんか?! (*` 艸 ´)ウシシシ→☆ 009

帰りにおみくじを引きます。→☆ 010
わたしは吉、同伴者は大吉でした。 (-公- ;)チッ


☆ 002
実は行きしなから気になっていて目を付けていたの("宇都宮"ってゆうのも気になっていたがw)。
パイナップルとかキウイとかもあったけれど、苺のみで。→☆ 011
いつかスイスホテルのチョコファウテンを食べてみたい。


おっ?!→☆ 012
☆ 013
たいやきも買う。

雨じゃなかったらもっと色々行ったのになぁ~。 σ(´x`o)


  1. 2008/01/20
  2. 日常ノ出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

そんなわけで最近「Living」には行けていません・・・。

☆ 017
これ以来すっかり気に入ってしまった「Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)」。
Living(リビング)って地元のパン屋さん・・・。
父が毎週土曜日谷四に行くので、帰りに帰って来てもらいます。
朝「ブロックでお願いします~」と電話で予約するのはわたしの役目。
そろそろ名前、覚えてもらったかな?!

ごまハードトースト」↓→☆ 018
☆ 019
ごまごま~♪→☆ 020


パン工房 麦の花」も。
バゲット」と「あんぱん」→☆ 016



 Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)
大阪市天王寺区上本町9-3-4
06-6774-5087
7:30~20:00
月曜定休

Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)1回目の記事


★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★

 パン工房 麦の花 <夕陽丘店> 
大阪市天王寺区夕陽丘3-30  朝日プラザ夕陽丘1階
06-6779-4043
7:30~23:00
年中無休
http://www.mugi-hana.jp/


麦の花1回目の記事

麦の花2回目の記事

麦の花3回目の記事




  1. 2008/01/19
  2. パンムギムギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

津曲さんのクッキーたち

コチラで少し書きましたが、→20071107122459.jpg
甲陽園のお菓子工房「ツマガリ」の「本庄坂」ってゆうクッキーの詰め合わせ。
☆ 001

☆ 005

以下、自分が食べたのだけ写しています。
(よって写っていないものは母が食べたもの。)

アーモンド」って書いてあったような。→☆ 001

これは「バタークッキー」だったかな。→☆ 005

ヘーゼルナッツマカルン
☆ 003
("マカン"じゃなくて"マカン"って書いてあった気がします。)
さくさく♥→☆ 004

カラス麦クッキー」→☆ 006
☆ 007

風の北山公園」→☆ 010
☆ 011

ほろ苦いビターでした。→☆ 013

☆ 015☆ 016

☆ 017
                                    ↓
☆ 018
捨て殻(?)ですみません。→☆ 019
チューリッヒ」ね、覚えておこう。

☆ 020☆ 021

☆ 023☆ 024

☆ 014
☆ 022

☆ 025☆ 026



シーズン最後の「キングオブマロン」♥→☆ 012
届いたばかり。→☆ 008
☆ 009
また来年まで会えません~。くぅ・・・。
噛み締めて味わって頂きました。



  ケーキハウス ツマガリ
兵庫県西宮市甲陽園本庄町6-38
0798-72-1071
0120-221-071
8:30~19:30
水曜定休
http://www.tsumagari.co.jp/


ツマガリ1回目の記事

ツマガリ2回目の記事

ツマガリ3回目の記事

ツマガリ4回目の記事

ツマガリ5回目の記事

ツマガリ6回目の記事


  1. 2008/01/18
  2. カフェ+オヤツ+オ土産ナド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

まめまめ♪

東京のお土産。

赤坂 雪華堂(せっかどう)」の「あまなっとう」。
☆ 006☆ 007
記事アップが遅いだけで、賞味期限内に頂いております(念の為・・・)。→☆ 008
甘納豆詰め合わせ」↓→☆ 009
☆ 029
大納言甘納豆」、「栗甘納豆」、「お多福甘納豆」(黒くなってうまく写っていませんが・・・)。
☆ 030☆


黒豆甘納豆
☆ 002☆ 011☆ 013
丹波産黒豆ですって!
(“丹波黒豆”と“丹波産黒豆”とは違います。)
阿波和三盆糖、お好みでふりかけます。→☆ 012
☆ 015
でもそのままでも実に美味しかったのでふりかけませんでした。
もちもちしっとり♪



 赤坂 雪華堂(せっかどう)
 <本店>
東京都港区赤坂3-10-7 雪華堂ビル1F
TEL:03-3585-6933
FAX:03-3585-6933
<月~金>9:30~20:00 <土>9:30~18:00
日祝定休

 <本社>
東京都練馬区旭丘2-19-8
TEL:03-3972-2522
FAX:03-3972-2521
http://www.sekkado.co.jp/



  1. 2008/01/17
  2. カフェ+オヤツ+オ土産ナド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう8ヶ月も前のことになりますが・・・デビット・セニア♪

20071209123729.jpg
まだコースのプライスの変更がある以前のことで、もうかれこれ8ヶ月も前の話。
5月の出来事ですね。
神の虎社長と西天満、老松通りにある梅新イーストホテルの地下にある「Devid Senia(デビッド・セニア)」へ。
神の虎社長とは現地集合でしたが、まだ来られていなかったので、この上の写真を撮っていたら「ゆりちゃん、相変わらずやな~!!」って笑いながら神の虎社長、登場。
・・・くっ、笑われてしまった。

20071209123742.jpg 20071209123817.jpg
20071209123835.jpg 20071209123914.jpg
Devid Senia(デビッド・セニア)」のオーナーシェフのDevid Senia(デビッド・セニア)氏は、大阪で最も格の高いフレンチであるザ・リッツ・カールトンLa Baie(ラ・ベ)で料理長を務めておられた方。

そのセニア氏を始め、彼の奥様の友子さん、ユニークなパティシエのフィリップさん、シャイで超男前のセルヴーのニコラさん、カウンターでお料理たちの説明をして下さる日本人シェフの石原さんなどなど、セニアファミリーが一丸となりテキパキとお仕事をされています。
20071209123850.jpg
その和気藹々とした様子がウォッチング出来るカウンター席でした♥
わたし達、一番乗り♪
今回は“Promenade Des Anglais”と呼ばれるコース。

とりあえず乾杯のシャンパン♪→20071209123902.jpg

20071209123926.jpg
「こちら、一気に食べて下さい。」と言われました。
ヒオウギ貝だとかスモークがどうだとかおっしゃっておられたような・・・。
あまりにも月日が経ち過ぎてうろ覚えです・・・。 σ(´x`o)


自家製のオリーブのパン
20071209123938.jpg
このブレッド、とっても美味しいのです!
この後、何度も何度も・・・登場してきますw。
(計測器代わりに、おかわりがくる度に撮ってみました。数えてみますか?!)
パティシエのフィリップさんが作られたものだそうです。

白ワインが欲しくなったので・・・。→20071209123955.jpg
シャルドネでした♪
先程のオリーブのパン、あっと言う間に無くなり、おかわり。→20071209124058.jpg


20071209124006.jpg
フォアグラのテリーヌにサマートリュフがのっています♪
何て贅沢なっ♥
黄色いのは一見黄身かと思いましたが、黄トマトのマリネでした。

またもやおかわり。→20071209124111.jpg


Laetitia Pinot Noir Estate(2005)ラティーシア ピノ・ノワール エステート(2005))」
20071209124136.jpg
こちらのピノ・ノワールは若干渋かった・・・。
カルフォルニアワインだそうですぅ。
         20071209124326.jpg 20071209124454.jpg 


20071209124122.jpg
                                ↓↓↓
20071209124154.jpg
フォーカス♥→20071209124210.jpg 20071209124224.jpg
サーモンの上にキャビアどっさり。
グリーンアスパラガスを島海老、ズッキーニ、何とやら大根(失念・・・)で巻いています。
左端は山葵のディップ・クリーム。

またもやパンをおかわり。背景にセニア氏と石原さん。→20071209124311.jpg


20071209124512.jpg
かぼちゃのスープ・・・だったと思います・・・。
海ぶどうやえんどう豆、貝類が入っていたような・・・。

おかわり。→20071209124745.jpg


Chassagne-Montrachet Fernand&Laurent Pillot(シャサーニュ・モンラッシェ フェルナンド&ローラン・ピヨ)
20071209124528.jpg
抜栓して頂いております♪→20071209124628.jpg 20071209124658.jpg
これ、結構美味しかったよぉ!!→20071209124645.jpg

またもやおかわりw。→20071209124734.jpg
20071209124721.jpg


20071209124800.jpg
魚料理は鱸(スズキ)でした。
赤葡萄にそら豆に・・・。

これはやはり・・・。→20071209124818.jpg


パティシエのフィリップさん
20071209124845.jpg
「これ使ってマ~ス!」とゆうことでした。
20071209124900.jpg
おちゃめ過ぎます☆

20071209124914.jpg
そしてこちらは口休めらしいですが、これ結構ジンジャーが効いていた~!

フフフフフ・・・。→20071209125335.jpg


20071209124934.jpg 20071209124946.jpg

料理ショー(?)を見ながらまたもや。→20071209125320.jpg

20071209125150.jpg
肉料理です。
キャベツのフライ(?)やさつま芋なんかも添えられていました~。
確かコルシカ島だとかサンテミリオンだとかジビエだとかおっしゃっておられたようですが、よく覚えていない・・・。 σ(´x`o)

パンが進みますw。→20071209125132.jpg→→→20071209124959.jpg


Josephe Roche Win de Pays D'oc Merlot(ジョセフ・ロシュ ヴァン・ド・ペイ・ドック メルロー)
20071209125421.jpg


チーズの盛り合わせ
20071209125347.jpg
これはコースには入っていませんが、お出しして頂きました~♪

いくらなんでもこれで最後にしよう・・・。→20071209125358.jpg


さて、デザートです。
20071209125410.jpg
タピオカやココナッツが泡の中に入っていました~。


20071209125434.jpg
バニラクリームの中にある赤いのはビーツだって!
ビーツって赤い色のカブみたいなのでしょう?!
意外な組み合わせですが美味しかった~♥


20071209125448.jpg
フィナンシェ→20071209125723.jpg
20071209125757.jpg
20071209125808.jpg→バブルの中には・・・→20071209125822.jpg
赤い部分はすいかの寒天、バブルの招待は抹茶のエスプレッソ仕立て。
抹茶はホワイトチョコかミルクチョコか・・・そんな感じのものと混ぜたようなものだった。


お土産
20071209125850.jpg 20071209125904.jpg
母にあげました~♥
母は「また買って来てよ♥」って言っていましたが、ちょっと・・・(苦笑)。


20071209125914.jpg
パティシエのフィリップさんがお見送りして下さいました。
シルエットのようになってしまった・・・。 ヾ(;´▽`A``アセアセ

とっても美味しくて楽しい時間を過ごせました。
またいつか行けたらいいな~♥
(さっさとアップすれば良かった・・・。 ちっとも覚えていない・・・。 il||li (つω-`*)il||li )



 Devid Senia(デビッド・セニア)
大阪市北区西天満4-11-5 梅新イーストホテルB1F
06-6367-5088(FAX兼)
11:30~14:00(L.O.) / 18:00~21:00(L.O.)
日曜、月曜定休
http://www.easthotel.co.jp/davidsenia.html




  1. 2008/01/16
  2. 食イシン坊ノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

挑戦あるのみ?!┐(´ー`)┌

20071031113815.jpg
東京に行った際に挑戦して来ました!
実はコチラの後の話でした(長いので↓スルーして下さって結構です)。

日暮里の「羽二重団子」本店に居る時呼び出しを受け(確か11時半頃)、「日暮里から山手線で品川まで行っちゃって。品川か蒲田でお昼食べよう。」って言わはるのでその通りに従う。
山手線に乗っている最中、「今御徒町出ましたよ~品川に向かい中。蒲田って『蒲田行進曲』の蒲田??」(12:04)ってゆう旨のメールを送信。
「多分ね。品川降りたら京急線ね。ランチはどこがいい?」(12:15)ってゆうメールを受信。

12時過ぎに品川駅に着いてウロウロ。 (゚Д゚〓゚Д゚)キョロキョロ
そこで知人に瓜二つの人を見掛けるが、別人だったみたい(後日その話をその方にした)。
彼を待っているつもりでしたが、蒲田に行ってしまえばいいのかイマイチよく分かんない。
そうこうしていると京急線を発見!!
その後「蒲田は超庶民派」(12:19)、「品川はオフィス街やからまぁなんなりと。」(12:20)ってゆうメールを受信していたが、℡しても出ないし~! ( `_ゝ´)ムッ
メールはタイムラグがありまくりでイライラするから℡してるのにぃ!! ゙(`ヘ´#) ムキー
だからどっちなんよ~?! (-公- ;)チッ

「ある!(何が?!)京浜急行、ね。」(12:27)
?????
・・・(ある!はとりあえず置いておいて)京浜急行ってナニ?!
“京急”って京浜急行の略だったのか?!
・・・じゃぁ京急線はナニ?!
(この意味不明のメールがその後、わたしを右往左往させることになるのです・・・。)
「あと5~6分後に品川に着く。急行羽田空港行きに乗ってるよ~。」(12:30)
「品川着いた~」(12:38)
「乗れた?急行。」(12:39)

・・・どうやら蒲田に行った方がいいみたいねぇ。 σ(´へ`)
でも品川から何線?!(だって田舎者ですもの~!)
何故だか京急線の改札口の所の上には、“ここではSuicaは使えません!”なんて垂れ幕が下がっています・・・。 (´_`?)
またもやストーカーの如く何度か℡したが、またもや出ないので「品川の京急線乗り場の前にいます。どこまで切符買ったらいいのかわからんくて・・・」(12:40)

「なんでやさ262。何のためのSuicaやねん!蒲田!」(12:41)
そんなの言われてもねぇ。
だってあの垂れ幕・・・w。
「京急線はSuica使われへんねんよ(*´-д-)フゥ-3」(12:42)

「使えるて!」(12:43)
「は?もう乗れたんかい!?」(12:46)

その前に、その例の“ここではSuicaは使えません!”なんて垂れ幕が下がっているところの駅員サンに品川から蒲田までの行き方を訊く。
その駅員サン、「蒲田って単なる蒲田と、京急蒲田とあるのですよ。どちらに行かれるのですか??」とおっしゃる。
彼は一度も京急蒲田とは言っていない。蒲田。
「蒲田だったら京浜東北線ですね。あちらの乗り場です。」と駅員サン。
ほっほぉ~、さっきの“京急”は京浜急行の意味だったのか・・・。
てなわけで、とりあえずわたしはSuicaで京浜東北線で蒲田に向かう。

「はいはい。12:51に蒲田到着です。羽田空港行きの京急線ってのもあるのねぇ。ややこしい! (*´-д-)フゥ-3」(12:46)
「は?羽田空港行きは京急しかないです463。ほんまに51分に着くんか?だったら同じ電車やで。」(12:48)

「京急蒲田じゃなくて単なる蒲田やんね??京浜東北線ってゆうらしい→乗りました~」(12:48)
「今大井町出たよ~次は大森~あってんのかな・・・」(12:51)

「どあほ262!京急言うたやろ262!京浜東北線はJRや262!JR蒲田から京急蒲田まで歩いて15分くらいかかるぞ!そっちからは空港いかれへんしな~」(12:51)

ΣΣ(゚д゚lll)ガカーーーーーン!!
だったら最初から分かり易くそう言ってよぉ!(何せ田舎者なのですから!)
さっきのあの「ある!(何が?!)京浜急行、ね。」(12:27)ってメールは何やねんっ?! (ノ`д´)ノ~┻━┻
とりあえず「品川に戻るわ・・・品川から京急線Suica使えないみたいなのよね~(*´-д-)フゥ-3」(12:53)とメール送信。

「もどるな!」(12:53)
しかしメールのタイムラグめ。
わたしはもう既に品川に向かって戻っていたのでした。
「戻ってもた・・・」(12:54)

「戻らんとJR蒲田から京急までバスかタクシー乗っといで。」(12:54)

訳分からんし~! σ(´x`o)
また次の駅で降りて向かいの蒲田行きの電車に乗る。
「大井町に戻ってまた降りた・・・」(12:55)

「いまどこやねん!」(13:03)

「今大森。大森→大井町→大森で行ったり来たりしてようやく次が蒲田。バスに乗ったら間違いそうなのでタクシー拾います!」(13:04)


・・・まぁまぁそんなすったもんだがありましたが、無事京急蒲田駅に到着し、彼の指示する場所(京浜蒲田商店街「あすと」を抜けた所)にも到着。
到着するまではぷりぷりしていましたが(向こうもそうだったと思うが)、ご対面で何だか感動モノでした。
朝イチに彼の顔は見ているので6時間程しか経っていないと思うのですが・・・。
・・・馬鹿?!

まぁまぁそんなわけでどうやら京急線の方に向かって歩いているみたい。
ランチ、何処に連れてってくれるんやろ~?!
「辛いのん好きやんな?!」
「好きスキー♥」

てなわけでランチは「元祖ニュータンタンメン本舗 <蒲田店>」。→20071031113842.jpg
「やめとけ・・・」なんて言われたけれど、一番下の“メチャ辛”、挑戦してみま~す♪ 

単なる「タンタンメン」では物足りないので「ニラタンタンメン」を。→20071031113853.jpg

こちらは同伴者がオーダーした“中辛”の「タンタンメン」
20071031113829.jpg


「餃子」→20071031113917.jpg


こちらはわたしがオーダーした“メチャ辛”の「ニラタンタンメン」
20071031113906.jpg
当然完食!!→20071031113930.jpg
何が“挑戦あるのみファイト!!”ですか。
けっ!! (-公- ;)チッ
何を大袈裟なっ!! (#`皿´)
あっ、とても美味しぅございました♥



 元祖ニュータンタンメン本舗 <蒲田店>
東京都大田区蒲田5-28-2 MCMビル1F
TEL:03-3737-2992
FAX:03-3739-9698
月~金11:30~15:00 / 18:00~2:00
土日祝11:30~2:00
年中無休

  1. 2008/01/15
  2. 食イシン坊ノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:18

ひっ・・・弾かれへんっ!! Σ(´Д`lll)

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ(Mario Castelnuovo‐Tedesco)は1895年4月3日に400年以上の歴史を持つイタリア、トスカーナ地方の銀行家に生まれた作曲家、ピアニスト。
早くから名声を獲得し、両世界大戦間のイタリア音楽界で活躍したが、ユダヤ系の為、1938年ムッソリーニ政権による人種差別政策で国外逃避を余儀なくされ、ロサンゼルスに移住。
そこで生涯を閉じることになるが、ロサンゼルス音楽院で作曲を教えるかたわら、ハリウッドの映画音楽も数多く書いた。
ロサンゼルスで教えた教え子にはジョン・ウィリアムズアンドレ・プレヴィンヘンリー・マンシーニなど映画音楽の大家の名が並ぶ。
1968年3月16日没。

こちらの☆ 001Tango(タンゴ)Op. 24b」は、
そのマリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ(Mario Castelnuovo‐Tedesco)の「シェイクスピアの歌」第3番、「ひとりの男に言い寄る2人の乙女」を、20世紀最大のヴァイオリニストの1人、ヤッシャ・ハイフェッツ(Jascha Heifetz-Ruvimovich)(1901~1987)が編曲したもの。

An adaptation of Two Maids Wooing from Shakespeare's A Winter's TaleShakespeare Songs Vol.Ⅷ)


さすが20世紀を代表する天才ヴァイオリニスト、“ヴァイオリン的完璧性”と“ハイフェッツの名”は同義語とまで言われた彼のアレンジであります。
ヴィルトゥオージティ溢れる作品だなぁ・・・。 +.(人´∇`*).+

☆ 002
でも、どう頑張っても♩=144~160ではチョット弾けない・・・。 壁 |дT)o エーン
無理矢理弾けたとしても変・・・。
♪=144~160の間違いだよねぇ・・・。 404

  1. 2008/01/14
  2. 音楽関連ノコト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

夕陽丘パン屋さん巡り♪

10月のとある金曜日、母と夕陽丘のパン屋さん巡りをしました。
と言っても2軒だけですがw。

☆ 002☆ 004
まず1軒目は「Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)」。
近鉄上本町駅から徒歩3分(※わたし達の足で)、近鉄劇場(←今後どうなるのですかねぇ?!)の裏の「なかたに亭」でランチ&カフェをし、自然食品のお店キャロットでお買い物をした後向かいました。
大阪国際交流センターを越して上町筋をまだまだ南下。
そうすると上本町9の交差点の角にあるロイヤルホストを左手に、ほんの少~し南に行くと「Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)」があります。

その日のレシートが出てきた・・・w。→☆


☆ 001☆ 003
もう1軒は「パン工房 麦の花」。
左はわたし用(おやつ用。その後仕事に出掛けたので・・・)、右は母用(家用)。


Parigot(パリゴ)」の「バゲット
☆ 005
パリっとしていてなかなか美味しい!


Parigot(パリゴ)」の「ハードトースト☆ 006
おぉ、これは美味しい!!
今度また買おうっと♥
母もかなり気に入った様子。


Parigot(パリゴ)」の「キッシュ」↓→☆ 007
☆ 008


Parigot(パリゴ)」の「あんぱん」と「麦の花」の「あんぱん
☆ 009
Parigot(パリゴ)」の「あんぱん」→☆ 010
ちっちゃいくせに120円もする。
あんこもちょっとやん。 (-公- ;)チッ
麦の花」の「あんぱん」→☆ 011
あんこたっぷり!!
(経験上、夕方以降のはダメ。)


麦の花」の「さつまフランス」↓→☆ 012
☆ 013
これ大好き~♥
両親も大好き~♥
いつもブロックでgetします♥
この日はたまたまあったので2つもgetしちゃった。


麦の花」の「バゲット・トラディション
☆ 014
この「バゲット・トラディション」は両親にはちょいと不評なのですが(両親はこの「バゲット・トラディション」よりちょいと太目でソフトな「バゲット」がお気に入り)、わたしは大好き♥



 Boulangerie Parigot(ブーランジュリ・パリゴ)
大阪市天王寺区上本町9-3-4
06-6774-5087
7:30~20:00
月曜定休


★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★

 パン工房 麦の花 <夕陽丘店> 
大阪市天王寺区夕陽丘3-30  朝日プラザ夕陽丘1階
06-6779-4043
7:30~23:00
年中無休
http://www.mugi-hana.jp/


麦の花1回目の記事

麦の花2回目の記事





  1. 2008/01/13
  2. パンムギムギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

赤い瓶の花♪

☆ 003
未だ匿名にしておこうかと思います。
とある女性の粘土レリーフの作品。

☆ 005
今度は薔薇と白い花(これ、何の花ですか~?!(^ω^?)・・・)たち。

☆ 004☆ 008

☆ 006



1. 6人のサンタクロースちゃん


2. 蝋の薔薇の花

3. 一輪の白い椿





  1. 2008/01/12
  2. 日常ノ出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

青いムギムギ

天満橋の京阪シティーモールの中に入っている「青い麦」へ。

パン・ド・ミ」1本。→☆ 001
2斤になるのかな?!
自家製のりんごジャムを思いっきりのせました♥→☆ 002
美味しい。幸せっ♥



 パン工房 青い麦 <DELISTA天満店>
大阪市中央区天満橋京町1-1-1 京阪シティーモール地下2階
06-6947-1433
http://www.aoimugi.com/


青い麦1回目の記事(DELISTA天満店)






  1. 2008/01/12
  2. パンムギムギ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2007年最後(←わたしにとって)のピア・ジュリアン♪

昨年12月30日、三宮にあるPIA Julien(ピア・ジュリアン)に行って来ました♪

☆ 001
1st stageに少し遅れてしまったのですが、松本光史さんがピアノ独奏されていました。


Château Carbonnieux Pessac-Leognan((2004)シャトー・カルボーニュ ペサック=レオニャン(2004))」
☆ 003☆ 005
2005年のはコチラで飲んだことがあります~!


☆ 006☆ 007

☆ 011
マチュー・エルゾグさんのヴィオラ、田中絵理さんのピアノで シューベルトの「アルペジョーネソナタ」。

アルペジョーネ(Arpeggione)とは、1823~1824年にウィーンのシュタウファー(Johann Georg Staufer)により発明されたギターとチェロの機能を融合したような6弦の弦楽器。
胴体はギターのような輪郭で、チェロのような構造(駒、テールピース、f字孔のような穴、表板の膨らみ、エンドピンetc.)を持つ。
弓を用いてチェロのような構えで演奏するが、重音を出すことが容易であり、指板には24のフレットを持つなどギターの特徴も併せ持つ。
当時シュースター(Vincenz Schuster)とゆうこの楽器の名手がいて、彼はこの楽器の教則本も書いているのですが、シューベルトは1824年にこのシュースターの為にイ短調のソナタを書きました。
その作品が今日でもチェロやビオラで演奏される機会が多い「アルペジョーネ・ソナタ D821」なのでした。


「大根の和風サラダ」と「シーザー・サラダ」
☆ 009☆ 010

クラッカーとブルーチーズ&蜂蜜。→☆ 012
左のブルーチーズはPIA Julien(ピア・ジュリアン)からウナミゴ先生(ギターの増井一友さん)へのお歳暮とのこと♪
ウナミゴ先生はブルーチーズに蜂蜜をかけたのをこよなく愛されているのです。
左側に写っている手はウナミゴ先生→☆ 013←右側はPIA Julien(ピア・ジュリアン)の店長の手。

「サーモンのカルパッチョ」と「チーズ盛り合わせ」
☆ 017☆ 018


☆ 019
先程のヴィオラのマチュー・エルゾグさんとヴァイオリンの田中綾子さん(ピアノの田中絵理さんと同級生で親友だそうです)。
お二人はご夫婦だそうです。
マチュー・エルゾグさんが話すフランス語を田中綾子さんが通訳しておられる様子。


Domaine Drouhin-Laroze Gevrey-Chambertin(2003)ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ ジュヴレ・シャンベルタン(2003))」
☆ 020☆ 022


☆ 024

ピアニスト青井彰先生を真ん中に☆ 026
マリンバ奏者のポンポコさん(国塚貴美さん)、ソプラノ歌手のさとこさん(田中郷子さん)と。


体調が悪くなってきた(とゆうかキツイ肩凝り406)ので・・・。→☆ 023
ワインと食べるのを止めたからっておかわりしまくりw。→☆ 025


Borolo(2001)(バローロ(2001))」↓→☆ 035
☆ 027☆ 028
とは言え、一口だけ飲ませて頂きました~。


☆ 029

☆ 031

☆ 032
二部はチェロのフローラ・カムツェックさんも加わってシューマンの「ピアノ四重奏曲 変ホ長調  op47」。


「サルシッチャのクリームソース」→☆ 030
一応写真だけw。
“サルシッチャ”とはイタリア語で“ソーセージ”のことだと、さとこサンに教えて頂きました~♪

「ビーフシチュー」と「バゲット」
☆ 033☆ 034


青井先生とポンポコさん。→☆ 036
何故に避け・・・?!
青井先生お一人でw。→☆ 040


Louis Latour Vosne Romanée(2002)ルイ・ラトゥール ヴォーヌ・ロマネ(2002))」
☆ 037☆ 038


何故だか最後(?)に「Veuve Clicquot Ponsardin Brut Champagne Yellow Labelヴーヴ・クリコ ポンサルダン ブリュット イエローラベル)」
☆ 041
フォーカス。→☆ 042

わたしはこの写真だけ撮ってココでお暇~♪
楽しかった~♪

デジカメのケースをPIA Julien(ピア・ジュリアン)に忘れてしまいました・・・。
翌日店長が℡を下さいました♥
また取りに行かなきゃっ!




  1. 2008/01/11
  2. 音楽関連ノコト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

チリチリワイン

父が大阪市内の某ホテルで中山太郎氏のパーティーだか講演会だかがあったと言って帰って来ました。
お土産に頂いたそうな。→☆ 002☆ 003
Viña Maipo Cabernet Sauvignon(ビニャ・マイポ カベルネ・ソーヴィニヨン)
                  ☆ 001
飲む前は「えぇ~?!チリワインなん?!」だとかブーブー言っていましたが、意外に悪くなかった。
800円そこらでget出来るそうで。
値段を聞いたら何だか美味しく感じたw。
・・・納得?!



  1. 2008/01/10
  2. ワイン+オ酒ノミノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

打打打団、今年は太鼓王♪

昨年の日記を読んでいると、何だか状況が似ているのですねぇ・・・。
病状の重さの度合いがどうかは別にして・・・。

一昨年の年末、父方の祖父が学園前の坂を自転車で運転中、子供を避けようとして転倒し、足腰を強打し(骨と皮人間と言っても過言では無いくらい超細い人なのでもろに・・・)入院しました。
病院を何度か変わり(最初に救急車で運ばれた所が、それはそれは悪評高い病院で・・・202 しかも遠方で・・・202)、まぁまぁ回復し、東大阪市にあるとある介護老人保健施設(略して老健)へ。
老健は原則として3ヶ月を限度に受け入れて下さるのですが(自宅での生活を可能にする為にリハビリテーションを行い、家に帰すことを目的にしているところが特別養護老人ホーム(略して特養)との大きな違い)、一度更新し、トータルで半年居たその老健からまた別の老健へ、昨年の12月中旬に移りました。
が、恐らく環境が変わった為、風邪をこじらせて高熱が続き、肺炎を患い、その数日後(彼の91歳の誕生日の朝でした393)、うちの家から車で10分程の某病院に入院、一時はどうなるやら?!404とゆう状況が続きました。

☆ 004
そんなわけで、今年は早々とチケットをgetしていたのですが、果たして行けるのだろうかと思っていましたが、無理矢理(?)行って参りました。
大阪城ホテルニューオータニ大阪の近くにあるイオン化粧品 シアターBRAVA!で行われた「打打打団天鼓 2008年新春和太鼓コンサート」へ両親と♪

今回もS席中のスペシャルが欲しくて、六万寺の事務所(有限会社 児雷也)まで買いに行きました~♪
チャリンコでw。

☆ 003
今回のゲストはラテンパーカッション奏者のマイケル・チンさんと亀崎拓史さん。

今回も沢山笑わせて頂きました♥
ほんと素晴らしいっ!! ( ´`)ァハハハノヽノヽノヽ / \ / \ /  \

鼓童」(関連記事①)が“芸術”だとすると「打打打団天鼓」はアクロバティックな“ショー”かなァ~?!
エンターテイナーですなァー♪

最後はお馴染みの「明日に向かって打てとゆう曲で締め括られました♥


終演後、メンバーの片岡輝明(テルアキ)さんと母と。→和子さんと
彼は小柄な方で、母の方がかなり身長が高かったのですが、屈み過ぎだっちゅうの! (。・艸・)

会場のイオン化粧品 シアターBRAVA!☆ 002

大阪城ホール
何かあったのかな?!
行きも帰りもスゴイ人でした・・・。 エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
(先程調べてみると関西ジャニーズJr.のライブがあったのですね~。)


帰りはホテルニューオータニ大阪の「The Sweet Shoppe(スゥイートショップ)」へ寄ってトラディショナル パウンドケーキ(黒豆)をgetしてきました♥
こちらも楽しみっ♥



 【打打打団 天鼓
http://www.dadadadan.jp/


「打打打団 天鼓」2007年の記事




  1. 2008/01/09
  2. 音楽関連ノコト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

1979年のヴォルネイ♪

☆ 001
南森町の「WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI」へ。
Volnay Domaine Bitouzet-Prieur(1979)ヴォルネィ ビトゥーゼ=プリュール(1979))」を頂いております。
“ヴォルネイ”とはヴォルネイ村のことで村の名前ですね。→☆ 002


もう1本はお馴染みになりつつの大好きなフランケン♥ (♡∀♡)
Rudolf Furst Spaetburgunder(1999)ヴァイングート ルドルフ・フュルスト  シュペートブルグンダー(1999))」
☆

今年は「SHIRATAKI」へ何度行けるかな?!



 WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI
大阪市北区天神橋3-1-28
TEL:06-6351-4738
FAX:06-6351-4737
土・日・祝不定休(年末年始、お盆は休業)
SHOP:9:00~23:00 / BAR:17:00~23:00
http://www.wineshirataki.jp/


WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI1回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI2回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI3回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI4回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI5回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI6回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI7回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK8回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK9回目の記事


WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK10回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK11回目の記事


WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK12回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK13回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK14回目の記事




  1. 2008/01/08
  2. ワイン+オ酒ノミノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一輪の白い花

とある女性の作品です(過去記事①)。
今度は一輪の白い花。→☆ 001☆ 002

☆ 003
アネモネかな?!
・・・何の花でしょう?!



1. 6人のサンタクロースちゃん


2. 蝋の薔薇の花



  1. 2008/01/08
  2. 日常ノ出来事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

久々にお鮨屋さんへ♪

☆ 001
こちらの「鮨 むら尾」ってゆうお鮨屋さんは、JR大阪天満宮駅と南森町駅の1番出口から北へ歩いて約5分、与力町公園の50m程手前の所にあります。

☆ 005
むら尾」の大将、村尾さんは北区中之島にあるリーガロイヤルホテル内の超有名店「小鯛雀鮨 すし萬」の店長で、15年もの間、各国の要人相手達に腕を奮い、もてなされたとか。
2002年11月に独立され、現在の「むら尾」をオープンされたそうです。
実はヤマトヌマエビさまから教えて頂いたお店で、お先に行っちゃいましたァ~♥

☆ 002
お料理がご紹介されているの、手描きだ~!! ∑(・∀・;ノ)ノ
サヨリとか面白いし~♥
左上にはちゃーんと「むら尾」大将がいらっしゃいます。
ステキー♥ (〃゚艸゚〃)


「キモが決め手の平目肝ポン酢」
☆ 003
肝を平目で包んで頂きます♪
お口の中でとろけて無くなっちゃいます・・・。 (。・´w`・。)♥♥


「しめサバ造り」
☆ 006


☆ 007


「白子茶碗蒸し」
☆ 008

☆ 009


「貝柱磯辺焼き」
☆ 010


「煮あわび」
☆ 011


大将、真剣な面持ちで「玉子焼き」を調理中♪→☆ 013
こちらの「玉子焼き」、すり身が入っているそうです。
只今注文中なのでした♪


☆ 012
これ何だったっけ?!失念・・・。 263
大葉とハマチと鯛、春巻きのよう。→☆ 015


「玉子焼き」↓→☆ 014
☆ 016


「ボタン海老」
☆ 017


「ヨコワ造り」
☆ 018


「車海老」
☆ 019
                               ↓  ↓  ↓  
☆ 020


「酢の物」
☆ 021
ミョウガとお新香、大葉、お魚は何だったかな?!
またもや失念・・・。 (;^ω^)


「トロ鉄火」
☆ 022


「タコ一味ぽん酢」
☆ 023


「サザエ」
☆ 024


「あさりの赤出し」
☆ 025


お一人で来られていました。→☆ 026
・・・まさか?! (((゚Д゚;)y-~ ソワソワ (((  ;゚)3y-~ ソワソワ (((゚Д゚;)y-~ ソワソワ
・・・やっぱり人違いかなぁ?! ┣¨キ┣¨キ┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ ┣¨キ┣¨キ


「ウニ」
☆ 027

ご馳走様でした~♥



 鮨 むら尾
大阪市北区同心1-4-16 パインフォレスト1F
06-6358-3488
17:00~23:00
火曜定休

  1. 2008/01/07
  2. 食イシン坊ノ巻|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:12

幸せツアー④ “縁結び”+“散策”

☆ 011
安井金毘羅宮自分達の幸せを妨げる悪縁と縁切りをし、今度は京都地主神社へ“縁結び”祈願w。


恋占いの石↓→☆ 012
☆ 013
こちらの恋占いの石からあちらに見える恋占いの石を写せば良かったのですが、生憎凄い人で不可能でした・・・。
そんなわけで、両目を開けていても難しいと思われますが・・・w。


おかげ明神
☆ 014
どんな願い事でも・・・ってこの件、いつぞやの鈴蟲寺のようですねw。


撫で大国さん
☆ 015
欲深いので撫で撫でしまくりましたよ~w。
よって結構時間を要しました・・・。
わたし達の後ろに並んでおられた方々、ごめんなさい。263

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ ン!!→☆ 016
神社は17時迄です。
拝殿の電気も16時50分頃に突然消えました。


さて、ぼちぼち帰るとしますか・・・。

☆ 017

そうそう、先日日記に書いていた“今年の字”もこの日見たのでした。

☆ 018☆ 019
             ☆ 020☆ 021


この後、ふらふら寄り道をしながら下山(?)していきます。


清水坂 八ツ橋しゅー
☆ 022
ひぃちゃんとちよみちゃまが仲良く並んで「八ツ橋しゅー」を食前に撮影している様が面白かったので、背後からパチリ。 212


七味屋本舗
☆ 023
あの、大好きな女将さんから教えて頂いた「七味唐がらし」はこちらのだったのですね。
また寄ろうっと♪

本当に楽しい半日でした♥
また皆で集まって食べて(呑んで?!)喋りまくって遊びましょう~♪


<完>



幸せツアー① “豆腐の会”

幸せツアー② “縁切り”


幸せツアー② “散策”




  1. 2008/01/06
  2. 絵ヤ芸能ナド鑑賞+施設ヤ建物ナドヲ見学ナドシチャウ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

上から読んでも下から読んでもごまたまご♪

東京のお土産(横浜と埼玉で仕事だったらしい・・・)。
銀座 たまや」の「東京たまご ごまたまご」♪→☆ 002

☆ 003☆ 004
9個入り♪

☆ 005→中身は・・・→☆ 007
白い“卵の殻”はホワイトチョコレートとカステラ生地で、黒い部分は黒胡麻あんに、核の中心は黒胡麻ペースト。
結構甘いですが、まぁまぁ美味しいなぁ。

しかしこの「東京たまご ごまたまご」、1個当たり101.3kcalもするそうで、わたしったら3つ4つ平気で食べていましたが・・・↓。 (・ω・;)
http://www.tokyotamago.com/product/gomatama/index.html
ぞぉーーっ・・・。 39 キャァ━(艸゚Д゚il!)━ァァ★



 銀座 たまや
東京都中央区銀座7-14-14
フリーダイヤル:0120-25-0805 (受付時間9:00~18:00)
10:00~18:30
日祝定休
http://www.tokyotamago.com/





【 続きを読む 】
  1. 2008/01/05
  2. カフェ+オヤツ+オ土産ナド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

| ホーム | 次のページ

アクセスランキング ゆりりんこ。の徒然日記