FC2ブログ

ゆりりんこ。の徒然日記

日々の出来事、感じた事、食べたものなどを気ままに私的にマイペースに赤裸々に好き勝手に綴っていきます。 ちなみに日記の日にちはめちゃくちゃですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

題名に惹かれまして・・・

★ 001
阿川佐和子氏の「婚約のあとで」。

★ 002
波、碧、真理、優美、夙、宙、花、またもや波。
これはそれぞれの主人公の女性の名前で、7人の女性の揺れる恋愛が描かれています。
一見オムニバスかと思いましだが、それぞれに関連して話が進むとゆう構成。

婚約したが、彼がニューヨークに転勤になった為に結婚が延び、不安定になり迷う29歳の村松波と
恋人がいたのに父親の親友への許されぬ不倫の恋に走る翠の姉妹。


何だかこの本を読んで、自分が楽になりました。
一応これでも色々悩んでいるのですw。 (´-ω-`)




スポンサーサイト





  1. 2009/04/25
  2. 本ニツイテ好キ勝手ニ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

トイレネタ続きですんませぬ。 (;^ω^) | ホーム | トイレ!! Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

コメント

こんやく問答

こんやく問答ではなくてこんにゃく問答という有名な古典落語があります。
ある寺に問答に押しかけてきた永平寺の雲水(禅宗の修行僧)に住職に化けた蒟蒻屋の親父が応じます。
蒟蒻の事だと誤解した偽住職の手まねを、なまじ仏教の心得のある雲水は勝手に良いように解釈して恐れ入って帰っていくという噺です。
男女のコミュニケーションにおいても、こういうように相手の言葉を自分流に解釈して感心したり怒ったりするといった事があるのでしょうね。
  1. 2009/04/17
  2. URL|
  3. ししりえんぬ  #C82T9BxA |
  4. 編集

Re: こんやく問答

> 男女のコミュニケーションにおいても、こういうように相手の言葉を自分流に解釈して感心したり怒ったりするといった事があるのでしょうね。

確かにあるまもしれませんね。
でも、わたしの場合、そうゆう人は"どうも会話の通じない人"だと思ってしまいます。
とは思いつつ、一応努力はしますが、何年もお付き合いしてもそうゆうことが起こるのは・・・ねぇ。
そして、"この人"に言われたら何とも思わないのに、"この人"に言われたら無性に腹が立つ、気になるなんてこともありますよね。
これは相性だと思います。
  1. 2009/04/17
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

コメントを書く~♪


←ゆりりんこ。宛への内緒のコメントの場合はチェックを入れてね

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuririnco.blog58.fc2.com/tb.php/1220-0a2daec3

| ホーム |

アクセスランキング ゆりりんこ。の徒然日記