FC2ブログ

ゆりりんこ。の徒然日記

日々の出来事、感じた事、食べたものなどを気ままに私的にマイペースに赤裸々に好き勝手に綴っていきます。 ちなみに日記の日にちはめちゃくちゃですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

何も無いシャンベルタン?!

☆ 001
お馴染み、南森町の大好きな「WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI」へ。

Domaine Trapet  Pere&Fils Chambertin Grand Cru(2001)ドメーヌ・トラペ シャンベルタン グランクリュ(2001))」
☆ 004
何もない“Chambertinシャンベルタン)”ですか!
Chapelle-Chambertin(シャペル・シャンベルタン)”やら“Charmes-Chambertin(シャルム・シャンベルタン)”やら“Gevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン)”やらは飲んだことがあるのですが、初めて!!
絶品でした♥ +.(人´∇`*).+



 WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI
大阪市北区天神橋3-1-28
TEL:06-6351-4738
FAX:06-6351-4737
土・日・祝不定休(年末年始、お盆は休業)
SHOP:9:00~23:00 / BAR:17:00~23:00
http://www.wineshirataki.jp/


WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI1回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI2回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI3回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI4回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI5回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI6回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAKI7回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK8回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK9回目の記事


WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK10回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK11回目の記事


WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK12回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK13回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK14回目の記事

WINE SHOP&BAR WINE SHIRATAK15回目の記事

スポンサーサイト





  1. 2008/02/05
  2. ワイン+オ酒ノミノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ピア・ジュリアンに岩渕晴子ちゃんと出演します~♪ | ホーム | お手製って言うか・・・

コメント

でた~!!

ついにシャンベルタン登場!ここまできたらリッシュブール、エシェゾー・・そしてロマネ・コンティですな!
  1. 2008/01/30
  2. URL|
  3. きさとぱぱ #ePatL.tk |
  4. 編集

シャンベルタンについて

ご存知かもしれませんが、ジュヴレシャンベルタン村のワインでは、シャンベルタン、シャンベルタン“クロ・ド・ベーズ”の2つが別格ですね。
シャルム・シャンベルタンと格を比較すると、
 シャンベルタン=シャンベルタン“クロ・ド・ベーズ”>シャルム・シャンベルタン
となります。
ジュヴレ・シャンベルタンは格付けは「村名ワイン」なので、シャルム・シャンベルタンよりさらに下になります。

ブルゴーニュ全体を見渡しても、シャンベルタンは、最もグレイトなブルゴーニュワイン3つのうちのひとつになります。
(残る2つは、ミュジニー、ロマネコンティー)
「シャンベルタンは、ひざまずいて飲め」との格言がありますね!

ゆりりんこ様が今回飲まれたシャンベルタンの造り手、ジャン・ルイ・トラペは飲んだことありません。
ジャン・ルイ・トラペの兄弟(どっちが兄か失念しましたが…)のロシニョール・トラペのシャンベルタンなら飲んだことあります。
比較的素直で穏やかな味わいのシャンベルタンでした。

シャンベルタンは確かに非常に格の高いワインですが、これもまた、造り手がいろいろあって、造り手によって味わいが千差万別です。
変な造り手のシャンベルタンだと、お値段が高いだけで、味わいがそれに伴っていないケースが非常に多く、それだけに、シャンベルタンは造り手選びが非常に難しいワインと言えます。
「ブルゴーニュワインは造り手を基準にして選べ」はブルゴーニュワインを買う上での大鉄則ですが、シャンベルタンもその例外ではありません。

ゆりりんこ様が飲まれたジャン・ルイ・トラペは、「上の下」レベルの造り手になります。
ですので、まぁまぁ良い作り手になります。

シャンベルタンの造り手で最もグレイトなものとなると、やっぱり、ルロワになるでしょう。
ルロワのシャンベルタンだと、なんと、¥200,000は軽くします。
50ccでもいいから、ルロワのシャンベルタンを飲んでみたいなぁ(叶わぬ夢ですが…)
ルロワ以外では、アルマン・ルソー、ポンソが秀逸とされています。
アルマン・ルソーのシャンベルタンはテイスティング会で飲んだことありますが、さすがに非常に素晴らしい味わい・香りでした。
アルマン・ルソーは「上の上」レベルの造り手で、「ピノノワールの真髄」ともいえるワインを造ります。
  1. 2008/01/30
  2. URL|
  3. コルヴェール #WflPXEYw |
  4. 編集

きさとぱぱサンへ

はい~、遂に飲んでしまいました・・・。(人´∀`*)
「エシェゾー」は確か「レザミ」か何処かで飲んだような・・・。
  1. 2008/01/31
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

コルヴェールさまへ

うっほ~、“シャンベルタン”と言えども本当に色々あるのですね~!! (゚Д゚〓゚Д゚)キョロキョロ
分かりやすい解説、有難うございます♥

わたしはシャンベルタンではなくてもいいので、ルロワさんのワインを飲んでみたいです!
お孫さんのワインならあるのですがねぇ・・・。
アルマン・ルソーさんも気になります・・・。
「ピノノワールの真髄」ですか・・・。
(記憶に無いので、多分飲んだことが無い筈・・・。)
  1. 2008/01/31
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

コメントを書く~♪


←ゆりりんこ。宛への内緒のコメントの場合はチェックを入れてね

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuririnco.blog58.fc2.com/tb.php/788-031acb42

| ホーム |

アクセスランキング ゆりりんこ。の徒然日記