FC2ブログ

ゆりりんこ。の徒然日記

日々の出来事、感じた事、食べたものなどを気ままに私的にマイペースに赤裸々に好き勝手に綴っていきます。 ちなみに日記の日にちはめちゃくちゃですがお気になさらずに・・・。 お気軽にコメント下さい♪

モンラッシェが赤い?!∑(・∀・;ノ)ノ

♪ 003
南森町の「Poêle(プワル)」へ。
(実はかんなァーーーり激しく通っているのに、かんなァーーーり記事アップが滞っているのです・・・。σ(^_^;)アセアセ...
 しかも時期順不同の記事アップになるかと思います。m(__)m)


Chassagne-Montrachet Les Chênes Philippe Colin(2005)シャサーニュ・モンラッシェ レ・シェーヌ フィリップ・コラン (2005))」
♪ 002
ビックリしました。
Montrachet(モンラッシェ)=白ワインだとばかり思っていたので・・・。


♪ 013


♪ 004

♪ 005
“幻の海老”とも呼ばれている鬼海老だそうです。
別名“五月(さつき)海老”とも呼ばれているそうな。
イナバウアー逆ヴァージョン?!→♪ 006
レタスの上に寝そべっています?!→♪ 007
鬼海老、甘くて美味しかった♥


「海の幸サラダ」
♪ 008

♪ 009
おっ!!
ココにも鬼海老がっ!!∑(・∀・;ノ)ノ


「シーフードパリパリサラダ」
♪ 010
上から見たらこんな感じ♪→♪ 011
♪ 012


メニューには無いのですが、イベリコ豚の塩焼き。→♪ 014
前日はメニューにある「イベリコ豚のステーキ」を頂いていたので、嗜好を変えて♪
♪ 016
実は前日も「Poêle(プワル)」へお邪魔していたのです・・・。(;^ω^)
(順不同の記事アップでスミマセン356
程好い脂身・・・♥ (*゚ρ゚)→♪ 015
♪ 016♪ 017


♪ 019

♪ 020


前回も頼みましたが、こちらもメニューに無いもの。
♪ 021
シンプルなぺペロンチーノをお願いしました。
やはり美味しい♥

美味しい食事に美味しいワイン、ホント幸せ者であります♥



 Poêle(プワル)
大阪市北区天神橋3-1-2
06-6352-6305
11:00~14:30 / 17:30~23:00
日曜定休


Poêle(プワル)1回目の記事

スポンサーサイト





  1. 2008/05/12
  2. 食イシン坊ノ巻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16

きさとぱぱセンセイからの・・・♪ Ⅱ | ホーム | 天満粉もんやもん

コメント

モンラッシェ

モンラッシェは、白専門の銘柄なので、赤はありません。

ブログ主様が飲まれたのは『シャサーニュモンラッシェ』なので、『モンラッシェ』とは別物のワインになります。
(『シャンベルタン』と『ジュヴレシャンベルタン』が異なるワインなのと同じことです。)

『モンラッシェ』は、ピュリニィモンラッシェ村の中にあるグランクリュ(特級畑)であり、この畑で採れたぶどうのワインは『モンラッシェ』という銘柄になります。

『ピュリニィモンラッシェ』、『シャサーニュモンラッシェ』はいずれも村の名前で、この村のヴィラージュクラスの畑で採れたぶどうでワインを作ると、村名が銘柄になります。
『ピュリニィモンラッシェ』、『シャサーニュ・モンラッシェ』は、白が主に生産されていますが、赤も生産されています。
ですが、これらの村は、なんといっても、白のほうが魅力的です。

『モンラッシェ』と似たような名前のワインで、『シュヴァリエモンラッシェ』、『バタールモンラッシェ』、『クリオバタールモンラッシェ』、『ビアンビニュバタールモンラッシェ』などありますが、これらも『モンラッシェ』とは違うワインなのでご注意を。
(『シュヴァリエモンラッシェ』、『バタールモンラッシェ』、『クリオバタールモンラッシェ』、『ビアンビニュバタールモンラッシェ』はいずれも特級です。)
ちなみに、この中で特に評価が高いのは『シュヴァリエモンラッシェ』かな。
最高のシャルドネの造り手と称されるルフレーヴの代表作でもあるワインです。
(『モンラッシェ』以上に『シュヴァリエモンラッシェ』の評価は高いかも?)
  1. 2008/05/08
  2. URL|
  3. コルヴェール #WflPXEYw |
  4. 編集

おー

綺麗な彩りですね!
食べたい、白ご飯も一緒に(笑)
  1. 2008/05/08
  2. URL|
  3. えいがしま #- |
  4. 編集

コルヴェールさまへ

そうなのですか!
そっか、何もつかない「モンラッシェ」が白専門なのですね。

へぇ~、やはり色々あるのですねぇ~。φ(゚-゚=)メモニャン
勉強になりました♪

いつも有難うございます♥
  1. 2008/05/08
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

えいがしまサンへ

はい~、こちらのマスターが作られるお料理たちは芸術的で且つ美味しい♥
白いご飯にも何やら一工夫ありそう♪
  1. 2008/05/08
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

至福のひとときですね。

マルゴーも白を作っています。しかもぶどうの苗はたしかデュケムから譲り受けたと聞きました。ただ、特級になっているかは不明です(浅いな~)。ソーテルヌの銘醸貴腐ワイン「シャトーデュケム」も貴腐が進まない時はあきらめて、辛口の白ワインを造るときがあります。その名は「Y」(イグレック)あまり高くないので、一度お試しあれ。
いい料理といいお酒。大人でよかったと感じる時です。
  1. 2008/05/09
  2. URL|
  3. きさとぱぱ #ePatL.tk |
  4. 編集

そうなのですか!

マルゴーの白ってどんなのだろう・・・。(A;´・ω・)

「Y」ですね、「イグレック」なのですね。
わたしの「Y」じゃないのですね。←何考えてるんだ・・・。(・ω・;)
お手頃なお値段とあれば一度是非飲んでみたいです♪

飲めないのは生まれてからたった19年間だけで・・・。( ・ノェ・)コショッ

  1. 2008/05/09
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

ゆりりんこ。さんったら、いつもおいしそうなもの食べてる~ヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノ

メニューにないものまで頼んじゃえるなんて、かっこいいヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪
  1. 2008/05/09
  2. URL|
  3. めぐめぐ  #bWgI/1uw |
  4. 編集

めぐめぐサンへ

いやいや、メタボにならないよう気をつけねばです・・・。(;^ω^)

多分何度もお邪魔しているからして下さるのでしょうねぇ・・・。
でもワガママですやんね。σ(^_^;)アセアセ...
  1. 2008/05/10
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

シャトー・マルゴーの白

シャトー・マルゴーの白とは、『パヴィヨン・ブラン・ド・シャトー・マルゴー』のことですかね?
『パヴィヨン・ド・シャトー・マルゴー』は『シャトー・マルゴー』のセカンドラベルになりますが、赤、白両方あります。
ロバート・パーカーが、90ポイント以上の高得点を付けるほどのワインですから、かなり凄いものがあります。
品種は、セミヨン主体。
シャルドネとは違ったテイストを持ってます。
3年前ぐらいに飲んだことありますが、どっしりした味わい、酸味が分厚い、ハーブ香、洋梨系の果実香、さらに、オーク樽に由来する香りが特徴的でした。
(オークの新樽を用いて熟成しているとのこと。)

シャトー・オーブリオン・ブランも有名ですね。
こちらはセカンドラベルではなく、ファーストラベルの名称を冠した白ワインです。
シャトー・オーブリオン・ブランは、まだ飲んだことないです。
  1. 2008/05/10
  2. URL|
  3. コルヴェール #WflPXEYw |
  4. 編集

マルゴーのセカンドラベル

「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」ならあるのですがねぇ・・・↓。
http://yuririnco.blog58.fc2.com/?q=%A5%D1%A5%F4%A5%A3%A5%E8%A5%F3
そちらの白なのですねぇ。
シャルドネとは違ったテイスト、うーん、飲んでみたいです。

「シャトー・オーブリオン・ブラン」の白もあるのですか。
こちらも飲んでみたいです~。
きっとコルヴェールさまの方が先だろうな・・・。
  1. 2008/05/10
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー

以前の日記に書かれてたんですね!
やっぱり素晴らしい味わいでした?
セカンドラベルとしては最上質なワインですね!
シャトー・マルゴーの片鱗は見せてくれているし、メドック3~4級シャトーのファーストラベルにも十分勝てるだけの味わいを持ってる。

シャトー・オーブリオン・ブランは、多分、今後飲むことはないと思います。
お値段高過ぎ・・・
テーブルワインが20本ぐらい楽勝で買えるお値段ですから(^_^;)
とても手が出ません。
価格高騰する前に飲んどくんだった(>_<)
(ロシア、中国がボルドー&ブルゴーニュワイン争奪戦に参戦する以前は、今の1/3ぐらいのお値段だったんですけどね…)
  1. 2008/05/10
  2. URL|
  3. コルヴェール #WflPXEYw |
  4. 編集

パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー

はいっ、美味しかったです。
「アヴェンヌ」と「SHIRATAKI」で飲みましたが、「アヴェンヌ」で飲んだ時の方が美味しかったです(頭の中“マルゴーv-10”でいっぱいで飲んだせいもあったかもしれませんが・・・。)。
「SHIRATAKI」ではその前に飲んだ「ミムス」(赤)と「ブラン・ドゥ・ランシュ・バージュ」(当然白)が本当に美味しかったので・・・。

そういや、以前「シャトー・オーブリオン・ブラン」、ハーフサイズのを見掛けました。
それでも高かった…。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
そっか~、ロシアも参戦していたのですか。
ロシア人や中国人ってワインってイメージがあまり無いのですが・・・。

  1. 2008/05/11
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

> ロシア人や中国人ってワインってイメージがあまり無いのですが・・・。

ロシア人や中国人は、大部分の人はワイン飲まないのですが、一部の富裕層が、近年、ワインに目覚めたのです。
(ロシア人の一般庶民は、グルジアワインなら飲むかも?)

彼らは、ワインの知識は初心者レベルなので、名声があって値段の高いワインなら美味しいと思いこんでます。
なので、名声があって値段の高いワインからガンガン買い占めてます。
そのため、ボルドー上位格付けシャトー、ブルゴーニュの有名アペラシオンに有名ドメーヌのワインは、需要>>供給の状態になってしまい、価格高騰してます。
さらに、それに目を付けた各国投資家が、投機目的でワインを買い占めたりして、さらに価格高騰に歯止めが利かない状態に。
困ったもんだ・・・。
あと3年ぐらいしたら、ボルドーやブルゴーニュが飲めなくなるかも??(>_<)

でも、今のところ、実力があるが知名度が低い生産者のワインは『盲点』になってるようで、さほど価格高騰してないです。
例えば、ルロワやメオカミュゼの小作をしているようなドメーヌ。
ルロワやメオカミュゼの小作してるぐらいだから、実力は十二分にあるけど、自社のブランド力がないので、価格は比較的安い。
そういうワインを探さないといけないかも。
  1. 2008/05/12
  2. URL|
  3. コルヴェール #WflPXEYw |
  4. 編集

コルヴェールさまへ

なるほど~、そうなのですね・・・。
それは日本人(の一部の人間達)がワインに目覚めた時も、周りの国々の人間からそう言われていたんだろうな・・・。


>あと3年ぐらいしたら、ボルドーやブルゴーニュが飲めなくなるかも??(>_<)

うわ~ん!!
ブルゴーニュが飲めなくなるのは切ない・・・。v-406


>でも、今のところ、実力があるが知名度が低い生産者のワインは『盲点』になってるようで、さほど価格高騰してないです。

今のところ・・・。v-404


ところでグルジアワインですか!
飲んだことない・・・。
クレオパトラがこよなく愛していたってゆうことは聞いたことがあるのですが・・・。
コルヴェールさまはありますか??
  1. 2008/05/12
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

しらたきにも赤のシャサーニュ・モンラッシェはいりましたよ~

マスターの思い入れ相当キツいでv-42

近々一緒にのみましょうv-272
  1. 2008/05/23
  2. URL|
  3. ハワード #- |
  4. 編集

ハワードちゃんへ

ホンマ??
やった~!! ヽ(*^^*)ノ
またマスターのウンチク講話が聞けるね♪
近々伺いますっ♪
  1. 2008/05/23
  2. URL|
  3. ゆりりんこ。 #ET2edvwM |
  4. 編集

コメントを書く~♪


←ゆりりんこ。宛への内緒のコメントの場合はチェックを入れてね

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuririnco.blog58.fc2.com/tb.php/892-437449ed

| ホーム |

アクセスランキング ゆりりんこ。の徒然日記